猛暑の中の勉強会

昨日は福井で上質倶楽部の自主勉強会。

参加者は少なめながらもいい話しができたりして充実の時間であった。

それにしても福井は金沢よりも暑い!

隣の県どうしなのにどうしてこんなに気温差があるのだろうか。

気温にして3度か4度は金沢よりも暑い。

お昼は味噌ラーメン。


20180715_113546.jpg

どんなに暑くても頑張りますよ!

冬の寒さもあと少し

少しずつ春の気配も感じられる時期になってきました。

今季の北陸の冬は大雪に何度も見舞われ大変な冬でした。

そんな厳しい寒さに耐えれたのもダウンジャケットのような防寒着のおかげ。

でも結構着こんで汚れている箇所もありますよね。

当店のホームページできれいにしている事例を紹介しております。

是非今後のお手入れのご参考にしてみてはいかがでしょうか。

こちらからどうぞ。

これからもこのような事例をこの時期少しずつ紹介していきますね。



上質倶楽部2月の定例勉強会

先日日曜日は上質倶楽部の2月の勉強会。

今回で4回目となるプレスコンテストであった。

スーツ上下をハンドアイロンで仕上げ、立体的な美しさや風合いを競うもの。

と簡単に言ってしまえばそれまでだが、ミリ単位の細かな仕事も要求されかなり難しい。


15人のメンバーが参加して行われた。

写真や順位結果はここでは差し控えるがさすがに5年近くもやっているとメンバーの技量が上がっているのがわかる。

審査結果がわずかな点差に何人もひしめいているのがそれを表している。

先週静岡で紳士服制作の技能グランプリをみんなで見てきて、そこで受けた刺激も影響してるんだろな。


このプレスコンテストのために数週間、人によっては何カ月も前から準備してきて、みんな必死である。

かといってこの日の結果がすべてではないし、お客様に喜んでもらう技量を上げることが目的だ。

自分のレベルを上げるための一つの通過点として来年のプレスコンテストに向けて頑張ろう。


真剣に洋服に向き合って勉強し切磋琢磨しあえる仲間、時には一緒にお酒を飲んで楽しい時間を共有できる上質倶楽部の仲間と出会えたことは自分の大きな財産だ。


今日も↓のクリックお願いします。そろそろ写真変えようかな。


初めて静岡県へ

先週末は上質倶楽部のメンバーで静岡へ。

目的は2017年技能グランプリの見学。

日本中の色んな職種の職人さんがその技能を競い日本一を決める大会である。

会場はツインメッセ静岡といって、金沢でいえば産業展示館のような施設。

cached165966015.jpg

上質倶楽部のメンバーは紳士服制作を見学。

20170212_084550.jpg

緊張感たっぷりの張り詰めた空気。

スマホのカメラのシャッター音さえ心苦しく感じてしまう。(カメラフラッシュは不可とのこと)

20170212_101644.jpg

出場者の背中越しではあったが細かな針使いや仕上げのアイロンワークをしっかり見届けることができた。

途中合間には会場内を回り、他の競技も見学。

どの職種にも言えるが、出場者は真剣そのもで自分の腕、仕事にプライドを持って応援に来てくれる家族や仲間の思いも背負いながら取り組んでいるのがヒシヒシと感じた。

この大会のために1年前から準備し、この日だけでも午前中3時間ぶっ通しで作業するその集中力は並大抵のものではない。

20170212_122658.jpg

自分ももっともっとやらなきゃなんないね。

審査結果の発表は翌日とのこと。

審査中のところまで見学できたのだが自分は他のメンバーより少し早めに帰路につかせてもらった。


余談ではあるが

昼食で会場の外に出た時きれいな富士山が見えた。

20170212_103511 (2)

新幹線に乗った時とかあまり富士山が見えたことがなかったのでちょっと感動。

この辺りはこの時期でも晴天が多いようでうらやましいかぎり。

いつか雪とは無縁の街に住みたいなあなんて思ってしまう。


今日も↓のクリックお願いします。


自主

先日日曜は上質倶楽部の自主勉強会。

高速道路にうっすら雪が残る中福井へ。

いつもならきっちり1時間で着く道のりが1時間30分かかった。

そんな天候のせいか今回も参加人数はちょっと少なめ。

FB_IMG_1484524923196.jpg


福井県のクリーニング組合のイベントもあったそうでそっちに行かないといけない方もいるとのこと。

それはそれで仕方ないので自分の勉強に集中することに。


テーラードプレス。

とても奥が深く簡単には言えないが、

洋服の寸法を整え、表地、芯地、裏地、パットなどや糸の一本に至るまで神経を走らせシルエットを構築していく仕事は普段のクリーニングの域をはるかに超えたものづくりの難しさがあり、その分やりがいだってあるのだ。

テーラーさんのアイロンのかけかたはクリーニング屋さんのアイロンのかけかたとは全く違う。

クリーニングで普段アイロンを使ってるからといってテーラーさんのアイロンのかけ方を簡単にできるかというと全くそうではない。

素人がほぼ一から学ぶのと同じと言っても言い過ぎでないと思う。

そのくらい難しい。

だから時間を作って仲間と学ぶ時間を作るのだ。

普段と思考回路を変えてしまわないといけない。


という感じで集中した時間はあっという間に過ぎお昼ご飯は近くのいつものAN六庵さんで。

焼きさばちらし寿司セット(だったかな?)をいただいた。

20170115_125108.jpg


今日も↓のクリックお願いします。


プロフィール

下村純平

Author:下村純平
高級服メンテナンスに情熱を注ぐ石川県内灘町のクリーニングパールドライのアルジ。仕事のことや日常のこと、自分の人となりを知ってもらえたらと思います。
お隣福井県のクリーニング店の方を中心に高級衣類メンテナンスを勉強する『上質倶楽部』所属
京技術修染会会員

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ