苦渋の決断

こんな時間に更新するのは高ぶった気持ちが落ち着かないからだ。

日付けが変わったから今日、金沢マラソンが開催される。

無事抽選に当選し3カ月前からせっせとトレーニングをしてきたのだが10日前に膝を負傷してしまい今も足を引きずりながら生活している状況だ。

10日前からするとだいぶ膝の状態は治ってきてはいるが走るとなると痛みが出てきて数十メートルも走れない。

日常生活にも支障をきたしてきていることやこの怪我の中たとえ途中棄権してでもという思いで出場してもまた怪我をぶり返してしまうと考え、大会前日の昨日の土曜に出場を棄権することを決めた。

この年齢で短い準備期間でフルマラソンに挑戦しようとしたのが無謀だったのか?

その通りだ!というお叱りの声もきっとあると思う。

それでもランニング初心者で3カ月のトレーニングではあるが収穫はあった。

○走っている最中はしんどいが、その日定めた目標ができた時の達成感はなかなかいいものだと思ったこと。フルマラソンを完走できたらどんな気持ちになるんだろうかと。

○まだまだ走れる身体ではないのだろうけど、曲がりなりにも15キロ止まらずに走れるようになったこと。

○これからもランニングは続けていきできれば何かの大会には出場したいと思っているが、怪我をしている中で強硬出場せず勇気ある棄権を初めての大会でできたこと。

最後の3つ目は言い訳っぽいが。膝の怪我で歩けなくなってもいけないし。

しかし抽選に落選した出たくても出れない人達のことを思うと心苦しい気持ちもある。


大会2日前の金曜にゼッケンナンバーを受け取りに行き、昨日の夜棄権を決めたのでゼッケンに付いているICチップの返却に行った。

20181026_230147.jpg

係りの方に棄権の意思を伝えると残念がられてしまった。

黄色いジャンパー着た人達は皆さんボランティアの方なのだろか。

とても感じ良く一生懸命に対応されていたのが印象的だった。

こんな方々に支えられている大会なのだから素晴らしい大会に違いない。

来年こそ出場できるよう一から出直しだ。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

下村純平

Author:下村純平
高級服メンテナンスに情熱を注ぐ石川県内灘町のクリーニングパールドライのアルジ。仕事のことや日常のこと、自分の人となりを知ってもらえたらと思います。
お隣福井県のクリーニング店の方を中心に高級衣類メンテナンスを勉強する『上質倶楽部』所属
京技術修染会会員

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ