スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

由比ガ浜

昨日の続き。

商工会の視察旅行2日目。

まず最初に行ったのは鎌倉の由比ガ浜。

20150928_093325.jpg

正直海を眺めていても仕方ないんだけど、と思っていたのだがこの海の雰囲気がこの地域の雰囲気の象徴であるように後々思えたのだった。

日本海の荒々しい波と違って、年中温暖で波が高くても穏やかでサーファーにとっては最高の所。

内灘海岸と違って波打ち際までの距離も近い。

心穏やかにスローライフを過ごせる、鎌倉ってそんな街だと思った。

由比ガ浜は鶴岡八幡宮からも徒歩ですぐの距離で、そりゃあ源頼朝もこの地域に惚れ込むわな。

また来たいというよりかむしろ住みたい街だ。

で視察に話しを戻して。

この地区に由比ガ浜商店街がありそちらの振興組合の役員の方々からご案内を受け取り組みについてご教授いただいた。

下の画像は江ノ電を見ながらカフェやちょっと1杯できるお店。

20150928_100921.jpg

元々は廃駅になっていた所を江ノ電を眺めながら飲食できるお店としてはじめたということ。

このお店とても風景になじんでいる。

これがとても重要でこちらの振興組合では景観になじまないお店の出店はたとえ法律的に建築基準は満たしていても景観を乱すようなら出店計画の見直しをしてもらうとのこと。

かなり厳しい。

空きテナントはそれなりに出るそうだがすぐに次の出店者が決まってしまうとのこと。

街がブランディングされその街のイメージを守ろうという現地の人の熱い思いが伝わってきた。

気のせいかもしれないが、いやそんなことはないと思うが・・・

この街を歩いている女性はとても上品な感じがした。

住んでいる人が誇りを持っている街なのではないだろうかと感じた。

20150928_104803.jpg

そして一行は江ノ電の和田塚駅から江の島駅へ。

20150928_111232.jpg

この続きは明日また。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

下村純平

Author:下村純平
高級服メンテナンスに情熱を注ぐ石川県内灘町のクリーニングパールドライのアルジ。仕事のことや日常のこと、自分の人となりを知ってもらえたらと思います。
お隣福井県のクリーニング店の方を中心に高級衣類メンテナンスを勉強する『上質倶楽部』所属
京技術修染会会員

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。